So-net無料ブログ作成
2018年03月| 2018年04月 |- ブログトップ

京都#9_千本釈迦堂 大報恩寺 [旅行]

IMGP6918.jpg

北野天満宮てくてくと歩いて向かった大報恩寺

安貞元年(1227)に建立された本堂。
800年近く経った今も当時のまま残る京都市内(京洛)最古の木造建造物として国宝に指定されている。




写真がないのは、そろそろ疲れて来ちゃったからなのね。
京都に来るとたまにある、寺神社観光しまくって疲れた。




本堂にお参りしたけど、どすーんとそこにある重み感じる。
木造がとても年季を感じる。
動かないという強さっていうのかな。



右奥にはおかめ塚があって、たくさんおおかめがおいてある。
奥には大きなおかめさんが居て、ちょっと怖いくらいに大きい。
“縁結び” “夫婦円満” “子授け” にご利益があると言われてる。

ここでちょっと調べたけど、
*****
「おかめ」は本堂建築で棟梁を務めた大工「長井飛騨守高次」の妻。
高次が重要な柱の寸法を間違えて短く切り過ぎた際、枡組で補えば良いと助言して、窮地を救いながらも「専門家でもない女性の知恵で棟梁が大仕事を成し遂げたと言われては夫の恥」と上棟式を迎える前に自害した愛妻「おかめ」の物語が伝わる、全国のおかめ信仰の発祥となっています。
*****

奥さまかわいそう。
今のセクハラ問題があったら、自害しなくてもよかったのになぁ。と少し残念に思えて来た。
あぁ、だから怖く見えたのかしら。。。なんて思った。




別館には、
快慶作の釈迦「十大弟子」像が10体揃って居て、
像の大きさはいずれも約90cmで玉眼入りの木造彫刻

それに、
聖、千手、馬頭、十一面、准胝、如意輪の六体の観音様で、
六道信仰に基づいて作られた仏像で、全国で唯一の六体一同に安置されている観音様を拝むことができる。


入ってみるとね、誰も居ないの。ww
その別館に。w

外は曇って来てね、夕方でね、ちょっと怖くなっちゃって、
一人で大勢の仏像さんに囲まれるのってそれなりに覚悟がいるというか、、、。

一通り見てから退出。






IMGP6921.jpg

黒猫に癒されて、ホッとしました。





ちょっと疲れて来たのと、お腹が空いたのだ〜。






nice!(3)  コメント(0) 

京都#8_北野天満宮に梅を見に。 [日記]

IMGP6913.jpg

梅なら、北野天満宮だね。






IMGP6911.jpg

ここへ来るのは2度目。
なんだか、北野天満宮はとてもよく知ってる気がする。
よく参拝する湯島天満宮に似てるからかな?w






IMGP6884.jpg

IMGP6900.jpg

梅が咲くと心が未来へ向けられる。
あ、もうすぐ春が来るんだって。
私にとって春は、明るい未来。

花粉でぐしゃぐしゃになっても、やっぱり春は明るい。





IMGP6896.jpg

IMGP6897.jpg

梅が咲くと聞けば、湯島天満宮に見にいく。
今年は見に行けなかったから、京都で見たかったんだ。





IMGP6887.jpg

木の枝からポツリポツリと蕾をつけて、小さくふわっと咲く。
五枚の花びらが健気ね。
まだ雪が降ることを知っているかのように小さく。





IMGP6871.jpg

IMGP6908.jpg

IMGP6905.jpg

日が長くなるとわかる冬至を最後に実際は私の意識も動き出すけど、
芽吹き出す植物たちのおかげでグッと前向きになれるよ。


動物だなぁって思うわ。





やっと京都らしく、人が増えて来た。
ずっと人のいないところばかり居たから、
ちょっとホッとしたりしてね。




それが本当の京都なんだろうけど。






nice!(12)  コメント(0) 

京都#7_世界遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺 [旅行]

IMGP6821.jpg

御室仁和寺駅って、仁和寺じゃないの?






IMGP6825.jpg
阿形像(あぎょうもん)
IMGP6826.jpg
吽形蔵(うんぎょうもん)


嵐電で、駅名を見たら降りたくなっちゃった。

実は京都に来る一週間前に上野で開催された仁和寺展に行ってきたのです。
仁和寺にいらした仏像たちが上野に出張しているので、
本家仁和寺は残された仏像たちがお留守番^^


二王門の金剛力士は凛々しい
右手が阿形像、左が吽形像。
ちょっと怖いから、姿勢正してご挨拶。





IMGP6837.jpg

IMGP6838.jpg

中門


こちら、世界遺産なんですが、混んでませんでしたヨォ。
参拝者は海外の方がほとんどでしたね。
だから落ち着いてお散歩できました。





IMGP6841.jpg
名勝 御室桜(おむろざくら)

季節が良い時に来たら、御室桜がお出迎えしてくれるんでしょうね!
背か低い御室桜、地盤に岩石があり粘土質の土なので背が低いらしいですね。






IMGP6842.jpg

五重塔から桜を見たら綺麗だったんだろうな〜。
しかしなんて静かで広々としたお寺なんでしょう!
歩いて居てちょっと感動してます。





IMGP6846.jpg

ミツバツツジが咲き出して居ました。
可愛いね。



はぁ、気持ちがいい。






IMGP6854.jpg

経蔵(重要文化財)
なんだか落ち着く建物です。
内部には、八面体の回転式書架(輪蔵)を設けられているようで、いつか観てみたいですね!





IMGP6850.jpg

金堂
阿弥陀三尊を安置する御堂


IMGP6855.jpg

参拝してたら、扉が開きました。
お掃除?かな?

中を少し観る事が出来ました!



こう考えると、先週行って来た仁和寺展の時、勉強して来たらもっと楽しめたのに!
目で見るだけでも楽しかったけど少し知識があると更に面白かったかもしれませんね。





IMGP6857.jpg

鐘楼(しょうろう)

この中に鐘が吊るされています。
どんな音がしたんだろうね?





IMGP6859.jpg

水掛不動さんにもご挨拶。






IMGP6863.jpg

御影堂

弘法大師像、宇多法皇像、仁和寺第2世性信親王像を安置されて居ます。
檜皮葺を用いた外観なので、落ち着くんです。
いい空間。
優しい建物ですね。






***
再度、金堂に戻り、帰る途中で、お坊さんに呼び止められます。
「今日も元気よく歩いてるね〜!」

「(ん?)あ、はい〜^^」
私ここへ来たの初めてなんだけどなぁと思ったけど笑って会釈。

「いつも元気だよね〜!」

「(ん?)あ、あの〜私、今日始めて来たんですよね〜^^」

「そうでしたか〜!素敵なモデルさん歩きしてるから〜。」

新手なナンパか?と、面白くなってちょっと面白いお坊さんとお話し。
御朱印を書かれる方のようでした♪


先週行った上野の仁和寺展でも出口にお坊さんがいて、お話ししてみようブースがあって
お坊さんがお時間ありそうだったので(目の前に座って友達待ってる時間だったので)
お声かけして少しお話ししました。
「特に困った事があるわけじゃないんですが、、、」と

本家の仁和寺でもお坊さんとお話ししたりして、
なんだか私仁和寺とご縁があるのかしらね?と思ったりしてね。^^
きっとお掃除してる人だわね、ww



急に来たけれど、とても充実した仁和寺でした。





nice!(13)  コメント(3) 

京都#6_広隆寺_弥勒菩薩半跏思惟像 [旅行]

IMGP6779.jpg

弥勒菩薩さんに会いたくて、、、。






IMGP6780.jpg

ん?なんで?正徳さん?


友達に告げると、嵐電で行くといいよ〜という事で、初嵐電。ワクワク♪
車内は半分地元、半分観光客。

京都の駅名は覚えにくのでぼーっとできないのです。
じーっと見てる。
景色も見てる。
楽しい。





IMGP6788.jpg

IMGP6790.jpg

3月初めに行ったので、まだ寒い季節。
お花もちょっと前のお花なの。^^
綺麗なお花たち。
このお花の名前はなあに?





IMGP6796.jpg

本殿があって、参拝。
「こんにちは。初めまして。お邪魔します。」





IMGP6800.jpg

IMGP6801.jpg

IMGP6797.jpg

奥の方に、弥勒菩薩半跏思惟像さんがいらっしゃる。

その前のお庭が美しく。
庭師の方が、掃除されてました。
落ち葉もなく、、、。





IMGP6804.jpg

IMGP6808.jpg

IMGP6811.jpg

今年、東京で蝋梅見ること出来なかったから、
京都で見れて嬉しかったなぁ。
蝋梅を見ると、春が来たなって心がワクワクするんだ。
いつもは成田山で見るんだけど、今年は京都で。うん。
会えてよかった。





IMGP6813.jpg

弥勒菩薩半跏思惟像にやっと会えました。
なんて素敵な仏像さんなんでしょう。
ずーっとずーっと見てました。
沢山のお話ししてきました。

会いたかったんですよね、、、。
うるさいって?

だって、教科書で見て知っていたけど、
会いたかったのは大人になってから。
無性に好きモードが出てしまって、、、。

それ以外の仏像さん達も立派で、感無量でした。


またいつか、会いにきます。





IMGP6819.jpg

苔が生すお庭に、小さな芽が生えてました。
可愛いね。




さて、次の場所へ動こうかな。
歩いて隣の駅まで行こう。

まずは人に聞いてみようとお掃除されたお寺の方に聞いて見たんですが、、、
「ここから北に向かって上がったところに、、、、」
(実際はこの方角は仮ですが)
と言われて、今いる場所がどこにあって上がるとか下がるとかわからないから、
ちんぷんかんぷん。

まずは最初に差した方角へ曲がるべし。




なんとかなるね〜多分。
^^





nice!(15)  コメント(7) 

京都#5_ガブ飲みワイン 洋彩WARAKU [旅行]

IMGP6771.jpg

3軒目は、前に来たことがあるお店♪




ガブ飲みワイン 洋彩WARAKU府庁前さん。






IMGP6772.jpg

お久しぶりでございます。
この日もカウンターでお店の方とお話して楽しい時間を過ごしました。
関西弁で友人とお店の人が話しているのを聞いて笑ったりしてましたね。
たまに何を言っているんだろう?とわからなくなることもあったりする。
耳が慣れてない。
それも含めて面白かったなぁ。





IMGP6773.jpg

友人曰くここのパテは一番!ってことで
最後にいただく。

やはり美味しい。
肉!って感じる。
美味い。





京都にも何度も来れるお店が出来たことが嬉しいよね。
急に来ても会ってくれるお友達がいるって幸せだよね。

美味しいお料理と楽しい時間、
ありがとうね!













nice!(15)  コメント(2) 

京都#4_20180306 _室町二条みのや蕎麦バル [旅行]

IMG_9420.jpg

みのやの蕎麦バルにて

なんだかこの辺、とても高級住宅地の感じがするんですが、、、。
マンションも立派、一軒家も素晴らしい大きさ。
聞くと、御所の周りは立派な方が大勢いらっしゃるエリアみたいだね。
雰囲気が全然違うもの。

そんな中お店がポツリポツリあってちょっと印象的。




ここに連れてきてくれたお友達はソネブロのお友達。
もうなんて言うか、関西のお姉さん。といっても私の方が数ヶ月生まれが早い。笑

宿泊先のお友達とソネブロの友達は実は数年前に一緒に飲んだことがあるのだ。
だから四条河原町で少し挨拶できてよかった。




IMGP6762.jpg

四条河原町で一杯ビール飲んでからの、ここへ移動。
これが彼女のコース。

やはりヌードルマンだけに、ヌードルを食べないと始まらないようだね。
蕎麦だけに日本酒をチョイスしちゃった。





IMGP6765.jpg

無垢の酒と、斬九郎をいただいた。
土地のものを頂くとお料理も美味しく感じるよね。





IMGP6767.jpg

IMGP6768.jpg

しっぽりゆったり会話が始まっていく。
急に行くことになったから、会えてラッキー。
大阪から来てくれた。
明日も仕事だし、私も帰りのタクシーでちゃんと言わなきゃだから、
10時ごろには帰ろうね、と話し合う。
飲み始めにこうやって決めるけど、終わりになるとわからなくなるのが一般的。
でも気をつける。笑





IMGP6769.jpg

出て来た。
お蕎麦。

京都はうどんの方がメインだから蕎麦屋はかなり少ないよね。
美味しかった。
返しは、少し甘い。


元気でたわぁ。




3軒目に向かうようですね。
はい。
着いていきます。





nice!(18)  コメント(3) 

京都#3_20180306 _サラサ3 [旅行]

IMG_9417*.jpg

お茶飲んでまったりと。





ランチを食べ終わり、さて今日はどうしようかなぁ?
ちょっと散歩でもしますか?



夕方、四条河原町に用事があるので、壬生からテクテクと。

私本当に何にもわからないの。
方向音痴では無いとは思うけど、理解するのが遅い。
通り名も耳に入ってこない。
この時点まで地図を開いてきていないから、どこに京都の駅があって
宿がどこでと理解してい無い。
笑える。というか、割といつもか。

帰り一人になるからタクシーでちゃんと言えるように
地名やバス停の名前などメモする。
なんか少し表現しないと難しいところらしい。
タクシーの運転手にちゃんと説明しないと、迷惑かかっちゃうのはよろしく無いしね。




途中、「商店街歩く?」と聞かれ、三条商店街を歩く。
商店街はとても地域が見えて、楽しい。

友人の行きつけの美容院やお気に入りのお店があって、
それを聞きながらここのお店もいいのよ〜と着いたのがサラサ3
リニューアルオープンした?とか。


広くて雰囲気がいいカフェだなぁ。
奥にはソファー席もあってママたちは居心地良さそうに会話してる。


ケーキを少しつまみながら、チャイ♪

空いた時間を埋めるように、ポツリポツリと会話が続く。
家族ができて変化もあった。
それを見るのも楽しいよね。





ここまでのところ、以前京都感なし。
あ、友人から出てくる兵庫弁が若干関西にきたふうな?
でも京都弁じゃ無い。

愉快だなぁ。





nice!(19)  コメント(4) 

京都#2_20180306 _ムジャラ [旅行]

IMGP6760.jpg

お昼頃、宿に着いて、ランチする?という事になった。

何食べたい?
から始まり、
何がある?
となって、



じゃ、カレーでという事で、連れて行ってもらったのがムジャラさん。



京都に来てカレー。
みなさん「?」と思ったかもしれません。
私も「?」って思いました。
でもね、ムジャラさんのカレーがめちゃくちゃ美味しいのです!!
スパイスばっちりで体に優しい。
そして美味しい。
満足♪



奥に見えるは五ヶ月の友人ちゃん。
食べるまでちょっと待っててね♡



なんだか京都生活に密着する旅のスタートになりました。
わくわくするね。




nice!(15)  コメント(2) 

京都#1_20180306 _壬生ハウスへようこそ [旅行]

IMGP6758.jpg

着いた時、ハッとした。
あとで撮影しようっと。






いつものように突然決まる旅の始まり。
今回は、どこに行こうか?と浮かんできたのが京都だった。
数日前に友人に「行こうかな?」と連絡すると、
「宿空いてるよ。」と返事。

友人は民泊をやっているのだ。
それは良かった!「じゃ、行く。」







IMGP6777.jpg

友人には生まれたばかりの娘ちゃんがいて、なんだか会いたくてね。
最年少(五ヶ月)の友人ができた。

とても性格がいい子で私にも懐いてくれた。
泣いたりしないし、正直に嫌なことは嫌とジェスチャーするから
わかりやすい。
常に笑顔をくれて、仲良く慣れそうだな。
この子が20歳になったら私は、とんでもない歳になる。
それまで元気でいよう!と思ったのだ。





IMGP6776.jpg

東京生まれの私にとって京都はとても静かなところ。
民泊するとそれがとてもわかる。
生活音がほとんどしないのだ。

人が居るのかな?と思ったりするくらい音がしない。
それが新鮮でもある。

民泊にはテレビもないから、音は自ら立てる音しかないのだ。
スマフォから音楽も聞かないから無音。

大体海外の方が利用するようだ。
この体験は楽しいかもしれないな。






さて、今回の旅は、一体何をするんだろうね?

新幹線も回数券で来たから
いつ家を出てもいい。
間に合わなかったら次の新幹線で行けばいい。
とても気楽。

宿までは記憶を辿って辿り着いた。
そこからの予定はこれから考える。

なんて極楽な旅だろう。
こういう旅もあるんだな。。。




ちょっぴり大人な旅になりそう




nice!(18)  コメント(2) 

2018年03月|2018年04月 |- ブログトップ