So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

沖縄#3_20180528_0601 [旅行]

IMGP2817.jpg

食事の後のカフェ探し。





IMGP2821.jpg

あ!
カフェというより、ガンガラーの谷に行こう!
ほいで、カフェでゆったりしよう。^^





って着いたんだけど、時間に関係なく簡単にツアーに参加できないようで、
今回は谷は見送りに。

とても残念だったわ。


でも、お茶しよ〜ってことで、、、。






IMGP2823.jpg

日陰で涼しい風が通り抜ける。

上の写真の奥に見える明かりが谷へと抜ける道。
そこへ風が抜けていくんだなぁ。


いまだに発掘される昔々の道具たち。
今いるカフェの前からも出て来たようでシートが張られていた。






自然があると自分も自然の一部だなぁと思わざるを得ないね。
沖縄にはそんな気持ちになれたりする場所。


最近の災害は怖いけど、
でもやっぱり自然は大切。

仲良く生きたいね。




実は、東京から向かった先ここ沖縄はちょうど梅雨明けで、
地元の涼しげな時期から蒸し暑さに変わった日でもあったようで、
かなーり暑さにやられてました。
今の東京みたいな感じ。

汗はかくし、だるいし、、、
沖縄に体が慣れるのは明日からかな〜。。。




ふぅ。




nice!(2)  コメント(0) 

沖縄#2_20180528_0601 [旅行]

IMGP2809.jpg

駆けつけ一杯、ヌードルマン。
木炭そばとらやさんです。




木灰は「もくはい」って言うみたいですが、地元では「もっかい」というようです。


木灰っていうのは樹木を燃やしてできた灰のことで、
現在の沖縄そばの麺は、小麦粉と塩と“かん水”から作られていますが
戦前は、かん水の代わりに、“灰汁(木灰を水につけて置いた上澄みの部分)”を用いていたようで、
これが「木灰そば」ですというようですね。

たいへん手間がかかるため、今では木灰そばのお店は数えるほどになりました。





麺がね、つるっとしていて、でも歯ごたえがあって、割とさっぱりしてる。
汁はね、The 出汁!って言うくらい出汁が出ていて、
この出汁の中で温まりたいと思うくらい出汁全開で美味しいのです。

ここは正解だったわ〜。
大満足。






IMGP2812.jpg

食器はやちむんを使っているようですね。
雰囲気もいいです。

最寄えきは小禄駅。
興味があれば是非。





麺と汁で勝負って感じで、好きだわ。






nice!(13)  コメント(4) 

沖縄#1_20180528_0601 [旅行]

IMG_1008.jpg

やっぱり飲んじゃった。
今日は飲まなくてもいいと思ったのに。




朝っぱらだし。



でも飲んじゃった。



行ってくるね。




ぷはぁ〜。。


nice!(16)  コメント(2) 

2018-07-08 [日記]

_IGP4034.jpg

太陽さん、もうそろそろ出てきたいんじゃないかな?

雲さんの湿気取り除いてあげて、

雨さんにはもう少し穏やかに降ってもらって、


みんな少しずつ分担するといいよ。







張り切った雨さんも疲れるでしょ?

ね。



お願い。
nice!(15)  コメント(2) 

ブラフ18番館_#6 [日記]

IMGP2083*.jpg

2階の廊下にもテーブルと椅子がおいてあるの。





IMGP2080*.jpg

朝、目が覚めて、この景色があったら、
目覚めが良さそう。




IMGP2079*.jpg

布団の刺繍も可愛いね。
寝る時だって幸せな気持ちになるわ。

5秒で寝れるから幸せな時間は、5秒だけど。w





IMGP2077*.jpg

こんな生活見てたら、模様替えをしたくなっちゃったわ。
こんな風にはならないけどね。

気持ち、気持ち。





ブラフ18番館、これにておしまい。
読んでくれてありがとうございました。

他の館もゆっくりですが行ってみまーす^^







nice!(18)  コメント(5) 

ブラフ18番館_#5 [日記]

IMGP2056*.jpg

窓の外が緑って、幸せね。
ここは横浜。
大都会。

高台にあって、眺めもいい。
そして緑がたくさん。





IMGP2054*.jpg

お客さんが来られたら、ここにお通しして、
お茶をお出しして、





IMGP2051*.jpg

ここに座るのは、主人ね。

大人の空間。




例えば、娘家族が来て、お孫ちゃんがソファーで飛び回る姿は、、、想像できない。
重みがあるソファーよね。




葉巻なんかも吸ってたんじゃない?

ブランデー飲んでたんじゃない?

それは、想像できるわ。











nice!(20)  コメント(3) 

ブラフ18番館_#4 [日記]

IMGP2043*.jpg

こんな素敵な家だから、窓もとても大切ね。





IMGP2040*.jpg

いろんな景色が見られる。
自然の景色もあったり、庭の手入れをしている人を見たり、
待ち人を期待したりして♡





IMGP2046*.jpg

でも冷静に。
お部屋を片付けて、花など飾ったりして。


ちょっと絵が傾いているのが気になる?





気になるわね。ww





nice!(17)  コメント(3) 

ブラフ18番館_#3 [日記]

IMGP2045*.jpg

照明はいつも気になる。
5つと1つのタイプ




IMGP2060*.jpg

6つのタイプ





IMGP2076*.jpg

階段に1つのタイプ




IMGP2058*.jpg

廊下に1つのタイプ





照明は、機能性が大事。
その次に装飾されて、
洋館に行くと、装飾の方が気になるね。




シャンデリアが我が家にあるのはイメージがつかないけど、
こういうランプがあるのは生活して居てとても楽しい気がする。




私は家に何を求めているんだろう?

お母さん。
つまり、温かさかな。

つまり、なんだ?

ん?

私を迎えてくれる装飾ってなんだろう?




考える。





nice!(16)  コメント(4) 

ブラフ18番館_#2 [日記]

IMGP2075*.jpg

多分だけど、ここから見てた人居たよね。





IMGP2068*.jpg

譜面代がクラシックなの。





IMGP2070*.jpg

家の椅子にもさらりとオシャレ感。





IMGP2071*.jpg

管理している方の配慮。
昔々ここにあったかはご想像。

装飾ってありすぎても、無さすぎても、いけないもののように感じる。



なるべく起きたくない。
そのままの形にして起きたい。

でもね、旅先に出たりすると買って来ちゃう自分がいる。
そうなるとどんどん増えて、収まらないの。

これの繰り返しで、ぐちゃぐちゃです。涙




ホテルの部屋のようにしたいんだけど、そうはいかないのはなぜかしら?


だらしないからです。



ごめんなさい。




^^
←笑って逃げるいつものやつ。



nice!(17)  コメント(4) 

ブラフ18番館_#1 [日記]

IMGP2063*.jpg

最近、洋館づいている。





横浜に用事があって、その後洋館に行ってみたよ。
ブラフ18番館。




外の景色が青々して美しい。





IMGP2065*.jpg

椅子が似合う場所。

大正末期に建てられた外国人住居。
1991年までカトリック山手教会の司祭館として使われていた。







IMGP2067*.jpg

1993年にイタリア山庭園内に移築復元。
震災復元期の外国人住宅を再現。



人を呼ぶにはいいレイアウト。
なんだか酔いしれそうだわ。


とは言え、人の住んでいない居住地はどこか寂しさを感じるのよね。




復元の定め。
どこまで自分が妄想できるかが、勝負。



座ってお茶でも飲みたいわ。





nice!(19)  コメント(5) 
前の10件 | -