So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フラワーアレンジメント10回目 [日記]

f1.jpg

フラワーアレンジメント一周年だよ!






ちか先生に習い始めて1周年経ちました。
一番最初のデザインはカボチャを使ったものだった。
一年はあっという間でいろんなお花に出会えました。

それまで、お花やってみたいけどなんとなく遠い存在だった。
でも嗜む程度に、やってみたいなーって。
何とか流とか体育会系は怖くて入れないし、
そんなときに、お花先生に逢えてよかった〜。

ありがとね、先生。





f2.jpg

<花材>
・カボチャ
・カーネーション(パロ)
・スプレーバラ(トゥインクルサン)オレンジ色がかった黄色の薔薇
・スプレーマム(パラダイスサーモン)手前ピンク
・アストランティア(ローマ)紫色 →かわいい!
・ヒペリカム(ココヨーコ)赤い実 →港のヨーコを思い出す
・シスカンサス(みどりの葉っぱ) →結構好きな葉っぱの一つ
・ワイヤーメッシュ →こういう材料使うのワクワクする!

全体的に淡い系(渋い系)のお花達で、結構好きよ。




今回はハロウィンを意識したデザイン。
ハロウィンってケルト人の一年の終わりを表す行事だったみたいね。
人の流れが気になるカエルちゃんはちょっとケルト人を調べてみたら、
中央アジアの草原からヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の民族と書いてある。

インドか、、、。通りで気になったのだな。ふむふむ。

でね、この時のハロウィンは年末死者が蘇り、畑を荒らす為に悪霊退治としてお面を被り
たき火を焚いていたんだって。
その時は「カブ」を使っていたらしい。

それから、当時ケルト人の農民が食料を下さいともらいに行っていたこともあって

進化に進化を重ね、、、

アメリカではカボチャを使って子供が「お菓子をくれないといたずらしちゃうよ!」っていう
お祭りになったみたい。
もっと調べると、カトリック信徒が多いところは普及してなくて、プロテスタント信徒では
残っているようだね。

アメリカの一部では、ハロウィンがキリスト今日由来の行事でないから「ハロウィンを行わないように」と通達が出されることがあるようだよ。

深いね〜。


その反面、ドイツと日本では大衆文化として盛り上がっているみたい。



f3.jpg

1.まず、土台を作ります。
 四角形のワイヤーメッシュの角をハサミでちょきんと切り落とし、
 自分の作りたい器の大きさに形作っていく。
 ワイヤーの端っこはなんとなく丸め込んで他のワイヤーに結びつける感じで処理。

2.土台の編み込み
 シスカンサスを網の目に抜き差しして編み込みをしていく。
 網が見えないように編み込みをして行く。
 先に水平に編み込みを数本やって網をなんとなく隠してから
 ふわりふらり巻き付けて行くのがポイントかな。
 実際には、後でそのやり方がわかったんだけど。。。笑


f4.jpg

3.お花を飾る
 一番大きいカボチャのポジションを決める
 それからカボチャが中心としてお花を飾って行くのだ。




・感想として、
まずワイヤーメッシュのサイズや形は初めの形作りで決まるので
バランスや個性を出すにはまずここが大事。

シスカンサスを巻き付けるにあたって、最終的なデザインをどんな風にするか
なんとなくでも考えていると巻き付けるときよいバランスが整うかな。

シスカンサスの色合いも大事にして、白い色が入ったタイプの物とグリーンオンリーのものがあるから
それのバランスも大事だね。

ふわふわしたいか、きちんと丁寧にしたいかは、編み込み方で決って来るね。







f5.jpg

じゃん。
ワイヤーメッシュの形を若干左右楕円にしたつもり。
結構個人まりとした感じにしあがったかな。
細かいお花を追加したら、もう少し遊べたかも。

又挑戦したい花くばりだったな〜。
やっぱ花くばりって楽しい。


ハロウィンはお母さんの誕生日だったので、このお花をそのまま
お母さんへプレゼントしました。

後日家に行ったら、袋のまま飾ってあった。
でも花達は元気にしてた。
お水ももちろんあげてたんだけど、
実家に行くと草花が元気になるんだよね。
不思議とさ。

草花に取っては過ごしやすい場所があるんだろうね。

お母さんの笑顔が見れてよかったよ。





あー、楽しかった!









nice!(22)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

nice! 22

コメント 8

お茶屋

ご自身でアレンジしたものをプレゼント☆
最高に素敵でっす♪
by お茶屋 (2012-11-07 10:54) 

めりー

素敵な プレゼントですね~(*´∇`*)
きっととても喜ばれたことでしょう☆
by めりー (2012-11-07 15:13) 

chi-cyan

愛情たっぷりのプレゼントですね♪
とってもステキ!

花くばり、ちょっと頑張っちゃおうかな~と
ガン見してしまいました^m^
by chi-cyan (2012-11-07 15:31) 

vanilla_beans

ワイヤーメッシュにミスカンサスを巻き付けて
いくあたりのセンスは周りのお仲間さんのを
拝見してはたっ!!と気づいた私です~~。
カエルちゃんはそのあたりふんわりふわぁりと
巻き付けていて素敵に仕上がりましたね^^v
愛情たっぷりなお母様への贈り物でしたね。
by vanilla_beans (2012-11-07 16:02) 

みち

最初にイメージするのが大切なんですね。
でも、まだ、想像が出来ないんだなぁ。。。
ステキなプレゼント、お母様喜んだでしょうね。
次回は、久しぶりに参加します!
楽しみ~♪
by みち (2012-11-07 23:02) 

Inatimy

私好みの花材の色合い。
ラッピングは、最初の写真にある青いリボンかな。
完成品に青い色が入ると、ピシッと引き締まっていい感じだろうな~♪
by Inatimy (2012-11-09 19:58) 

カエル

お茶屋さん
私もそんなことができるようになって嬉しく思います。

めりーさん
なんだかにやっとしてました。笑

chi-cyanさん
ありがとう。
人に贈ることができるっていいことですよね〜。
花くばりできると思うよ!
素材さえ調達してきたら簡単です!

vanilla_beansさん
周りを見渡したときに「は!」としましたよね!
あ〜こんな風な巻き方があったのかぁ!って。
面白い瞬間でした!


みちさん
こんなイメージにしたい!って思っていても
そうなるかどうかは定かではありませんが笑、
多少こんな感じぃ〜ってあるとそれに近づいていきますよね〜。
花くばりは何時もやってみてって感じになっちゃいますよね!

Inatimyさん
写真に加工しているので、本来の色よりは少し浅い色になってます
が、本当に今回のお花の色が可愛くってしかたなかったよ!

by カエル (2012-11-13 21:26) 

ちか

いえいえ、お花やりたいとお声を掛けて頂き嬉しかったです。
こちらこそ、ありがとね♪
カボチャ、私にとって原点に返る材料になったんだ。(^^ゞ

え~っと、花材名のシスカンサス→ミスカンサスね。
編み編み大会、みんな集中していたね。
こういう花くばりもあるんだ。楽しめてもらえてよかった♪
by ちか (2012-11-16 17:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1