So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

京都#9_千本釈迦堂 大報恩寺 [旅行]

IMGP6918.jpg

北野天満宮てくてくと歩いて向かった大報恩寺

安貞元年(1227)に建立された本堂。
800年近く経った今も当時のまま残る京都市内(京洛)最古の木造建造物として国宝に指定されている。




写真がないのは、そろそろ疲れて来ちゃったからなのね。
京都に来るとたまにある、寺神社観光しまくって疲れた。




本堂にお参りしたけど、どすーんとそこにある重み感じる。
木造がとても年季を感じる。
動かないという強さっていうのかな。



右奥にはおかめ塚があって、たくさんおおかめがおいてある。
奥には大きなおかめさんが居て、ちょっと怖いくらいに大きい。
“縁結び” “夫婦円満” “子授け” にご利益があると言われてる。

ここでちょっと調べたけど、
*****
「おかめ」は本堂建築で棟梁を務めた大工「長井飛騨守高次」の妻。
高次が重要な柱の寸法を間違えて短く切り過ぎた際、枡組で補えば良いと助言して、窮地を救いながらも「専門家でもない女性の知恵で棟梁が大仕事を成し遂げたと言われては夫の恥」と上棟式を迎える前に自害した愛妻「おかめ」の物語が伝わる、全国のおかめ信仰の発祥となっています。
*****

奥さまかわいそう。
今のセクハラ問題があったら、自害しなくてもよかったのになぁ。と少し残念に思えて来た。
あぁ、だから怖く見えたのかしら。。。なんて思った。




別館には、
快慶作の釈迦「十大弟子」像が10体揃って居て、
像の大きさはいずれも約90cmで玉眼入りの木造彫刻

それに、
聖、千手、馬頭、十一面、准胝、如意輪の六体の観音様で、
六道信仰に基づいて作られた仏像で、全国で唯一の六体一同に安置されている観音様を拝むことができる。


入ってみるとね、誰も居ないの。ww
その別館に。w

外は曇って来てね、夕方でね、ちょっと怖くなっちゃって、
一人で大勢の仏像さんに囲まれるのってそれなりに覚悟がいるというか、、、。

一通り見てから退出。






IMGP6921.jpg

黒猫に癒されて、ホッとしました。





ちょっと疲れて来たのと、お腹が空いたのだ〜。






nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント